金欠の時に役立つ野菜と調味料の料理

次のお給料日前までにお金が底をついてしまう時、カードローンで2,3万借りようかな~と思う自分と、1回それをやってしまったら負のスパイラルに陥るからここを踏ん張ろう!と思う自分がいます。

大体こういう問いかけをする時期は決まってお給料日まであと8日。家賃などの自動引き落としが終わった後に気付くというパターンです。

手元に残っている使えるお金は8日間で1200円くらい。酷いときには1000円無かったことも(笑)

いつも食材だけは残っていてくれ…と祈りながら冷蔵庫を開けますが、私の金欠になる理由は友達との外食が原因。もちろん冷蔵庫には主食になるような食べ物は入っていません。

だいたい残っているのは調味料、ヨーグルト、シリアル、お茶くらい。でも、どんなにお金がなくても食べないという選択肢は私にはないので、そこで実践するのがこの2つ。

1つ目は交通費の節約です。
自宅から会社までは電車で2駅なので歩くと片道40分かかりますが、節約のため歩きます。

2つ目は食費の節約。
普段は昼食も夕食も外食という日がほとんどですが、自炊します。

大型スーパーではなく地元密着型のスーパーに行き(←ここがポイント)、野菜コーナーのみ物色しそのままレジに直行。よそ見をするとお腹が減るのでここは我慢。

決まって節約時に購入するのは、もやし・じゃがいも・なす・トマト・キャベツ、合計1166円。じゃがいもは醤油・砂糖・酒を使って照り焼き風にすると結構味もしっかりしているので満足度も高いですし、キャベツはマヨネーズと醤油で香ばしく焼いて食べたりと工夫して、野菜と調味料だけで料理できる野菜で8日間を乗りきっています。

節約しているときにあっさりした味のものばかり食べていると、私だけなのか心までひもじい気持ちになってしまうので、なるべくシッカリした味付けをしています。

食材のストックが少なくなってくる前に、ポテトサラダを作り置きしておくのも私流のポイントです。パンに挟めばそれだけで簡単サンドイッチになります。コンビにだとポテトサラダのサンドイッチって200~300円ぐらいしますもんね。

さて、今月の私はどうなることでしょうか…???