大統領選挙はどうなるかアメリカの影と光の戦い

アメリカでは大統領選挙が現在ヒートアップしています。アメリカ国民が自分で大統領を投票できるからもありますが、現在の民主党と共和党の候補者が両極端であるからです。共和党のトランプ氏、民主党のヒラリークリントン氏が候補者ですが、日本から見ている限り今回の選挙はとても大統領選挙とは程遠い内容です。

というのもテレビ討論会などではお互いを批判ばかりしているからです。トランプ氏の女性蔑視発言、過去の税金の未払い、クリントン氏のメール問題とお互いの言動、行動を批判することばかりが目立っています。もちろん、ホームページなどでは公約などを掲げていますが、メディアでにでくる部分は批判ばかりです。また、クリントン氏は大統領夫人、国務長官と政治の中心に居た人物であるのに対して、トランプ氏は政治家ではなく、ビジネスマン、実業家です。普通でしたら経歴からしてクリントン氏が圧倒的と思われますが、支持率はトランプ氏と拮抗してます。この理由はどこにあるのでしょうか?

トランプ氏は思ったことをそのままストレートに言う、暴言を言うなどとても支持者がいるとも思えません。しかし、彼は、人気があります。アメリカ人の多くが思っているが表立って言えないことを言っているからです。アメリカの混沌がトランプ氏となって現れたのです。クリントン氏の正論はアメリカを正しく導くかもしれません。しかし、アメリカの混沌はなくなることはないでしょう。この選挙の結末はもう少しで出ると思われますが、日本への影響も気になります。